【2024年春アニメ】最速配信はどのサブスク?曜日別まとめ
 

「平成狸合戦ぽんぽこ」ネトフリ・アマプラレンタルで見れる?無料の視聴方法まとめ

「平成狸合戦ぽんぽこ」を含め、基本的にジブリ作品はどの動画サブスクでも配信はありません。

しかし、ネットで公式視聴できる方法が2つだけあります。しかも、無料で!

  1. VPNアプリを使ってネトフリで見る
    (すぐ見れる)
  2. DVD宅配レンタルでネットレンタル
    (無料で簡単・安心)
どちらも違法とか規約違反による視聴ではないので安心して!

ござる。

VPNアプリを使えば2分後にネトフリで視聴ができる

「VPNアプリ」と聞き慣れないワードで身構えてしまいますが、簡単にいうと「通信セキュリティのアプリを起動しながらネトフリで見る」というコレだけのこと。

  1. VPNアプリに入会
  2. VPNアプリを入手&起動
  3. 普段と同じくネトフリで検索&視聴

このステップ(約2分くらい)で、実際に管理人もVPNを使って「平成狸合戦ぽんぽこ」をネトフリで見ましたが、想像以上に簡単でハードルの低さにびっくりしました。

「平成狸合戦ぽんぽこ」を含めジブリ作品はイギリスのネットフリックでは見放題配信されています。

つまり、イギリスのネット回線からネットフリックにアクセスすると、ジブリ作品の配信が対象となり視聴できます。

VPNアプリを起動したスマホやパソコンでのネット通信は、暗号化された高いセキュリティ状態で使う事ができます。

位置情報も自分で指定した世界各国のサーバーを経由できるため、イギリスに指定してあげることで日本にいながらネットフリックスでジブリ作品が楽しめるという仕組みになります。

今日から7月16日まで返金保証期間

TSUTAYAディスカスのDVDレンタルなら無料で視聴可能!

「平成狸合戦ぽんぽこ」は動画では配信されていませんが、DVD宅配レンタルであればネットを使って簡単に借りられます。

今なら、お試し期間もあるので無料で「平成狸合戦ぽんぽこ」を視聴することができますよ!

今日から6月30日まで無料

シリーズ時系列

タイトル シリーズ 公開年
平成狸合戦ぽんぽこ 映画 1994年

スポンサーリンク

作品情報

原作オリジナルアニメ
監督高畑勲

※名前をタップするとこの監督の他アニメが見れます。

脚本高畑勲

※名前をタップするとこの脚本家の他アニメが見れます。

制作会社スタジオジブリ

※名前をタップするとこのアニメーション会社の他アニメが見れます。

スポンサーリンク

おすすめの見る順番

タイトル シリーズ
平成狸合戦ぽんぽこ 映画

スタジオジブリの1作品完結のオリジナル映画作品なので見る順番はありません。

視聴者の評価・感想

狸達が可愛く笑える一方で環境について考えさせられる作品

ハンドルネーム

まろ(30代・女)

類似作品

化物語、怪物事変

評価点

★★★★★★★★★(9点)

狸達がどうやって今の世界で生きていくか試行錯誤し切磋琢磨していく姿がとても良いなと思います。令和の世界ではもう既に古く感じるような平成初期が舞台なので、今この世界に当てはめて考えると少しギャップがありますが、平成を生きた身としては自分が生きていた世界にもしかしたら彼ら彼女らがいたのかもしれないなと思えるところも好きです。狐と狸の小競り合いも面白いです。一番初めにこの映画をみた頃は私も小さかったのですが、小さい狸達が一生懸命変身術を習って人間世界に溶け込むテストをしている姿を見て「狸もなかなか大変なんだな」と思ったこと、今でもすごく覚えています。終わり方がかなり社会風刺で狸達にも狸達に感情移入している視聴者にも厳しいものになっているところも、伝えたいメッセージが響きやすい作りになっているなと思います。

タヌキの目線から訴える自然破壊の危機性を伝える作品

ハンドルネーム

まっさん(30代・男)

類似作品

河童のクゥと夏休み

評価点

★★★★★★★★★(9点)

可愛いタヌキが主役の物語です。タヌキが人間に化けて現代社会でも生き抜こうと対応していくなど、妙にリアル思考で話が進むのが特徴です。可愛いだけでは終わらず、自然の中で、人間社会の中で、共に「生きていく」ことの厳しさ、尊さがテーマになっています。同じタヌキでも個性的なキャラクターが多く登場してそれぞれの愛着が持てます。大きなメッセージ性として、タヌキ目線から人間に向けて自然破壊をやめるよう訴えるものがあります。自然を敵に回せば痛いしっぺ返しにあう。世界のバランスを崩す人間の所業について批判した内容も見えます。子供向けのテイストを取ってはいるものの、実は大人ほど見ると刺さる内容になっています。子どもの頃、大人になって、それぞれの段階で視聴感想が変わってくる面白みがあります。名作だと思います。

現代社会を題材にした社会派ジブリ映画の代表作

ハンドルネーム

オダイバ

類似作品

風立ちぬ、火垂るの墓

評価点

★★★★★(5点)

絵本のような空想系の作品が多いジブリ映画ですが、『平成狸合戦ぽんぽこ』は現代の日本社会を描いた作品となります。それもまた社会風刺が強烈に描写されており、登場キャラクターこそコメディタッチなタヌキのグループですが、ストーリー自体は実写映画顔負けの考えさせられる大真面目な内容です。自然破壊や人間社会の良くない部分がオブラートに包まれる事なく描かれており、作画の雰囲気もリアル系となっており、いわゆる「トトロ」のような世界観を期待してはいけません。タヌキたちが一生懸命に、健気に頑張る姿は感動的ですし、作中には思わず笑みがこぼれるギャグシーンも少なくありません。しかし全体的には若干影があるシナリオです。作画もやや癖がありますし、作中には不気味なシーンがあったり、生々しい戦いの場面やメッセージ性が強いメタファーも多く、良いも悪いも社会派の少し疲れる作風に仕上がっています。

狸たちの変幻自在の化学(ばけがく)がユニーク!家族みんなで楽しめる作品

ハンドルネーム

モモッカ(40代・女)

類似作品

となりのトトロ

評価点

★★★★★★★★(8点)

舞台は東京・多摩地域。狸を初めとする野生の動物が平穏に暮らす自然豊かなその場所に、人間たちが大規模なニュータウン建設を計画します。自分たちの住処を追われたくない狸たちは、長らく封じていた化学(ばけがく:別のモノに変身する術)を復活させ、あの手この手で人間たちを追い払おうと悪戦苦闘。のっぺらぼうに化けて、お巡りさんを驚かせたり、百鬼夜行のような大規模な妖怪行列を繰り広げてみせたりする様は、見ていて飽きることがありません。一方で、この多摩ニュータウン計画は、別の地域の自然の生態系にも悪影響を及ぼしていて、その地域からわざわざトラックに乗って多摩にやって来る狸の話には、考えさせられる部分も……。作品が伝えるメッセージは、やはり人間による自然破壊への警告でしょうが、狸たちもただ住処を追われるだけでは留まらないあたり、なかなか図太くて、人間の方も頑張らなくてはと思ってしまいます。自然との共生はジブリ作品の多くに見られるテーマですが、この作品にはユーモアが溢れていて、シリアスだけに留まらないのが最大の魅力です。小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、みんなが見て楽しめる作品です。

年を取ってから観たほうが味わい深い作品

ハンドルネーム

プチッ!

類似作品

日本昔話

評価点

★★★★★★★(7点)

"何か似た作品がありそうでない独特の世界観がユニークな作品です。 若い頃見た時より、年を取った今頃になって郷愁を感じる話です。 自分が住んでいる地域も、もとはこのお話にある様に丘陵を切り崩し造成されてつくられた新興住宅地でした。 市の昔話を読んでいると、かつてむじな(狸の呼名)が多くいたというあたりで、そう言えば昔、なんか変なことがあったな…と思いだしたりして、このお話にあるほどではないもののなんだか懐かしく感じます。 私ですらそのように思うので、もっと身近に感じる人は多いのではないでしょうか。 絵柄は流石に現在から見るととてもユニークながら古さは否めないため、そろそろリニューアルしても良いのではと思えます。"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です